店長ブログ

誰も教えてくれないマッサージのコツ

投稿日:8月 25, 2018 更新日:

マッサージ

最近私もマッサージを教えたりすることがあるのですが、マッサージのやり方一つで、その人の性格まで見えてきます。

雑な人

まず、「ダメだな」って思っちゃう人は、『雑すぎる』人です。この手の人は、施術が荒々しく、力も一定ではないのでお客さんも落ち着けません。

ただ、お金が貰えるから「マッサージしてたらいいや」という感覚の人ですね。技術の向上も無いですし、リピーターの方も付きにくい傾向があります。

自信が無い人

自信が無い人の施術も、リズムが悪くお客さんは落ち着きません。手から全て伝わります。

自信を付けるためには、勉強してお客さんに認めてもらう必要があります。経験が必要ですね。

勉強家で真面目

当店に多いのですが、常にスキルの向上を図り、お客さん一人ひとりを研究しているタイプです。

本来マッサージをする側は、これが普通だと私は考えます。しかし、なかなかそこまで『できたセラピスト』は少ないのが現状です。

スキルを伸ばしつつ、お客さんの意見を素直に受け止められるタイプだと『神の手』と呼ばれる領域に達することができます。

神聖なタイプ

分かる人には分かるタイプです(笑)どこかオーラがあって、生まれながらに『人を癒やす』ことに特化した人です。

何かが見えるらしいのですが、私には少ししか分かりません。

気が利く人

色々なタイプの人がいますが、マッサージが上手い人というのは、色んなことに『気が利く人』です。

マニュアル人間ではなく、自ら考え行動する人とも言えます。

気が利く人というのは、お客さんに対しても現われます。普段がズボラな人だと、マッサージでも痛いところをグリグリ押したり、リズムもメチャクチャです。

気が利く人は、体の気持ちいい部分を知っていますし、相手に不快感を与えないように気を配ります。

これは、元々の性質にもよりますが、育った環境や経験にもよります。

マッサージのコツ

技術的なコツというのはたくさんあります。3秒ルールだったり、ポジショニングだったり、手を離さない事であったりです。

この辺りは誰でも教えてくれますが、私が考えるマッサージのコツは、『呼吸&集中力』です。これを教えられる人は少ないでしょう。

呼吸が慌ただしいと、施術もグイグイ感がすごくて安らげません。施術前には、必ず深呼吸をするようにします。

慣れてくると一瞬で呼吸を切り替えることができます。そして、そこにプラスで『集中力』が必要になってきます。

集中力というのは、自分の手に対してです。手に意識を一点集中させることによって、芯がぶれずに一定のリズムで施術ができます。

意識が弱いと気持ちいい部分からずれたり、手が滑ったりします。実は、この集中力ですが、もう一つ意味があります。

ちょっと神秘的な話になるのですが、私はこの『意識のコントロール』で相手に気を流すこともできると考えています。

分かりやすく言うと『気持ちは伝わる』ということです。相手を満足させようという意識が、無意識に伝わるのです。

これは私の経験上【絶対】です。自分の子供や愛犬に対する意識と似ています。『慈愛』というやつですね。

これら全てができて、技術面の勉強もしていたら『本物』です。

 

お問い合わせ先

電話 080-6676-5568
LINE追加 @bjl1850u

-店長ブログ

Copyright© 鈴鹿メンズエステ『RelieR』ルリエ鈴鹿|リラクゼーション , 2018 All Rights Reserved.